復縁工作は現実に沿っていれば出来るし現実に沿ってなければ出来ない

復縁工作は現実に沿っていれば出来るし現実に沿ってなければ出来ない

実際に行う復縁工作というものは魔法でもなんでもありません。

現実に出来る事の中でテクニックを駆使したり、下調べをする事で準備をしたり、積み重ねた経験から導くものです。

世の中には復縁工作を適当に説明したり、復縁工作の内容を企業秘密だと誤魔化している復縁屋も多いので実際に復縁工作を行う状況について書いてみたいと思います。

復縁工作を対象者に接触して気持ちを聞き出したり、気持ちを誘導したりします、とだけ説明する復縁屋は多いですが、こういった復縁屋は選ぶべきではありません。

確かにやるべき事はその通りですが、現実に出来る事なのかどうかの説明が抜けているからです。

例えば対象者が外出しないのであれば外での接触は無理に等しいでしょう。

その場合SNSやゲームなどのインターネットからの接触を計るか、対象者の家の近くに住んで接触を計るか、等のやり方になるでしょう。

また家や会社が分かるからといって通勤途中に接触を計るという復縁屋もいますが、通勤中に接触は出来たとしても友人関係を築く事は相当難易度が高いでしょう。

ナンパするなどのやり方もありますが、それでは復縁に無理が出てくるでしょう。

現実として接触するのであれば、飲食店、スポーツジム、社会人サークルなどの趣味の場、等自然と話せる環境が好ましいです。

そういった情報がわかっている場合はそこで接触を計りますが、そういった情報が分かっていない場合は調査するところから始める必要があります。

また何曜日に行っているのか、何時に行っているのか、という情報も必要です。

もしそういった情報が無い場合は調査からする必要があるでしょう。

何もキッカケもないところから都合よく対象者と仲良くなって復縁出来るという事が復縁工作ではありません。

出来る可能性もあるが出来ない可能性もあるというのは仕事ではないからです。

キッカケが無いなら探す必要がありますし、キッカケが無いなら作る必要があります。

復縁工作は魔法ではなく現実なのです。

現実に沿ってなければ出来ないですし、現実に沿っていれば出来るのです。

ですから復縁工作には具体的な情報は多ければ多い方がいいですし、情報が少ない場合は調査する必要があります。

もしそういった話もせずに具体的な接触手段も無く復縁出来るという復縁屋がいれば、それは復縁工作をしない復縁屋です。