復縁メールに返信が無い場合でも復縁に繋げる為の考察

復縁メールに返信が無い場合でも復縁に繋げる為の考察

別れた相手に復縁メールを送ったが返信が来ない、という方もいらっしゃるでしょう。

すでに別れてしまっているから返信が来ないのでしょうか?

相手が仕事などで忙しくて返信が来ないのでしょうか?

相手はあなたの事が嫌いで返信する気すらないのでしょうか?

相手は時間が経ってから返信するつもりなのでしょうか?

返信が来ない理由なんていくらでも考えられますし、実際に色々な理由があると思います。

けれどこの復縁メールに返信が無い理由を理解する事が復縁出来るかどうかを判断する材料の一つになります。

ですから復縁したい相手に送った復縁メールの返信が来ない、という場合において復縁したい人がこの結果からどう考えるべきなのか、どう理解するべきなのか、どう行動するべきなのか、という点を考えてみたいと思います。

送ったメールが戻ってきてしまった、前からメールに返信は一切ない、という場合であれば拒否されている、または興味を持たれていない、という事が考えられます。

復縁メールに返信が無い理由が、拒否や興味が無いという事である場合、復縁出来る可能性は低い、となってしまうでしょう。

いい意味でも悪い意味でも興味があるから人間関係に動きが出る訳で興味が無かったり拒絶されていたりすると人間関係に動きはない、となるからです。

メールは届いている、メールを読んではいる、しかし全く返信が無い、という場合は相手に返信をする気が無いという事が考えられます。

返信をする気が無いという事は相手をする気が無いという事が考えられます。

過去に自分が相手が返信したくなくなるような、相手をしたくなくなるような何かをしてしまったという事です。

その問題を解決しない限り復縁の可能性は発生しないでしょう。

ただ逆に言えば、その問題を解決できるのであれば復縁の可能性は発生するという事も出来ます。

読んではいるがたまにしか返信が来ない、返信は来るが対応が素っ気ない、という場合は相手は返信をする気があるが、毎回返信しない、対応が素っ気ない、という事に何かしらの原因があるという事が考えられます。

この場合、返信に値する内容を送っていない、メールのやり取りをしたい程楽しいと感じる内容ではない、という事です。

はっきり言ってしまえば、返信しない場合は返信する必要性を感じない内容であるという事で、そっけない無い返信である場合は仕方なく返信するような内容でしかないという事です。

たまにしか返信が来ないのではなく、たまにしか返信すべき価値のある内容のメールが送れていないという事で、そっけない対応しかされないのではなく、そっけない対応をするしかない内容のメールしか送れていないという事なのです。

ただ逆に言えばその内容の欠点に気付いて理解して改善する事が出来れば返信は来るようになるでしょうし、返信が来るようになれば関係性もよくなるので復縁出来る可能性は高いと言えるでしょう。

復縁メールに返信がない事には理由があるのです。

その返信が来ない理由を理解して対策すれば復縁の可能性を上げる事は可能になるのです。

ですから復縁メールに返信が来ない事を嘆くのではなく、何故復縁メールに返信が来ないかを考える事が大事になるのです。