結婚を見据えた復縁を望む人が正しい復縁方法を選択する事で結果を得られる

結婚を見据えた復縁を望む人が正しい復縁方法を選択する事で結果を得られる

自己改善をしなくても時間の経過や体の関係などで復縁出来る場合があります。

ただそういった復縁は一時的な復縁であり、元の関係より仲良くなる事は無いでしょうし、ずっと続く関係にもなれません。

それでもいいという人はいるでしょうからそれはそれで構わないのかもしれません。

けれど結婚を視野に入れている人はそうはいかないでしょう。

結婚出来ず時間だけが経過するのであれば復縁する意味はないと思いますし、むしろそれであれば新しい人を探す方が賢明であると言えるでしょう。

それでもどうしてもその人がいい、どうしてもその人じゃなければ、という人もいるでしょう。

そういった場合、結婚出来なくても復縁したい、将来が無くても復縁したい、と考える人がいますが、その考え方は間違っています。

そんな縋りつくような思考では復縁出来る事はないからです。

正しい復縁方法でなければ復縁は出来ないですし、正しい復縁方法で復縁すればそこには結婚という将来もついてくる事になるのです。

正しい復縁方法とは、まず別れの原因を改善する事です。

ほとんどのケースにおいて別れの原因は内面の部分にあります。

ですから自身の内面に対する自己改善が必要になるのです。

そして復縁する為には相手からもう一度好きになってもらう事も必要です。

ですから従来の自分より魅力的になる事が必要になります。

復縁出来るくらい魅力的になった人であれば復縁したい相手にとっても将来を考えたい相手となるはずです。

ですから正しい復縁方法で復縁すると自ずと結婚という結果もついてくる、となるのです。

また稀にですが復縁する為に自己改善し自己を高めた結果、復縁したい相手に魅力を感じなくなってしまってよりいい人と出会いお付き合いを始めるというケースもあります。

この場合復縁は出来ないとなりますが、より良い結果を得られているので問題は無いでしょう。

本気で復縁したいと望む相手がいる人ほど相手に迎合しようと考えます。

要は相手に合わせようとするという事です。

結婚願望のない相手だから復縁する為には結婚願望を捨てなければならない、相手は自由に遊びたいと言っているから干渉せず自分に遊ばせることを容認しなければならない、等と考える人が多いのです。

けれど正しい復縁方法で復縁すれば、相手の考え方も変わります。

相手があなたを大事にしようと思えば自ずと結婚を視野に入れたり、他に異性と遊ばないようになっていくのです。

将来を見据えた復縁をしたい、自分が大切に扱われる復縁をしたいという人ほど正しい復縁方法を選択する必要があるのです。